TEIKEN 帝国総研 会計事務所向けコンサル 会計事務所のM&A 1人100件担当 担当3倍年俸2倍 プチノート 株式会社帝国総合経済研究所

ショックです、かすみちゃん(坂口良子さん)早すぎますよ!

ショックです、かすみちゃん(坂口良子さん)早すぎますよ!

坂口良子さん

女優の坂口良子さんの訃報、ショックをうけました‥
早すぎますよ!

古い記憶に残る理想のお姉さん像、それが僕にとっての坂口良子さんです。

サインはVはうちのテレビがカラーになったころのお楽しみ番組でした。(中山仁さんも良かった)

清潔感があって、少したれ目で愛くるしく、とても明るいひと。
幼稚園にあがる前の幼心にも「こんなお姉さんがいればなぁ」と思い、僕の母にこの人が誰なのか、どんな人のかとかを聞いていたことを昨日の事のように思い出します。

その後の「池中玄太80キロ」では30歳を過ぎたばかりの若き西田敏行がとにかく最高でしたが、アッコ役の坂口さんはこの傑作にツンとした魅力を添えていたと思います。(他の共演者もみんな素晴らしい!)

極めつけはショーケン主演の傑作ドラマ「前略おふくろ様」(倉本聰脚本)でのかすみちゃんです。

このドラマ、倉本聰の脚本力が凄い魅力で名作「北の国から」よりも断然こっちの方が良かったと幼心にも記憶しています。
出演者が全員素晴らしい!(最近では絶対にありえない完成度だと思います)

その中でも、なんといっても「かすみちゃん」です。(同調される方も多いはず)
その頃、僕は小学生に入学したばかりでしたが、周りはみんな「かすみちゃんファン」だったような気がします。

桃井かおり扮するちゃらんぽらんな海ちゃん派か、おてんばで可愛いかすみちゃん派か上級生達が集団登校で超揉めていたのが懐かしい思い出です(低学年の僕らはもちろんかすみちゃんでした)。

(→かすみちゃん坂口さんの出演シーン

松田勇作&中村雅俊といえば「俺たちの勲章」。
ここでは優しい中村雅俊扮するあらし刑事に思いを寄せる役で坂口さんが出演していましたが、あれも良かったなぁ。

今あらためて思い出すと、本当に魅力的な女優さん(といより永遠のお姉さん)だったんだなぁと‥

昨年、ご結婚されたばかりで本当に残念です。

若き日の坂口良子

ご冥福を心よりお祈りいたします。

コメント


認証コード7293

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional