TEIKEN 帝国総研 会計事務所向けコンサル 会計事務所のM&A 1人100件担当 担当3倍年俸2倍 プチノート 株式会社帝国総合経済研究所

傷だらけの旧友、ドイツ式赤道儀 TS65S型

傷だらけの旧友、ドイツ式赤道儀 TS65S型

画像の説明

正月休みも今日まで。
今週末の新月期まで空の散歩もしばし休息だ。

ということでいつものお気に入り観察地、水石山に一人出かける‥。

山頂は結構な風が吹いている。気温は氷点下7度。
空はいつにも増して透明度が高い。愛しのアルゴルよ、今宵も会えたね。

今宵の観望機材はいつものP型ではなく、傷だらけのあいつを連れ出してみた。
ネジの〆増しやなにやらで、スパナ傷なんかも盛大につけて散々な目に遭わせてしまった。

仰角37度を示して、それでも僕の指名を待ちわびている。
もう遠出は無理そうだから、僕の故郷いわきの緯度を仰いでいるのかい?

S&Gの名曲Old Friends がきこえてきた‥

高橋製作所TS65S赤道儀、昭和45年製の逸品。老け込むにはまだまだ早い。
古めかしいが、オーセンティックなフォルムが素晴らしい、これもまた往年の名機なのだろう。

この武骨極まりない風貌、ブラックハンマートーンのドイツ式赤道儀、幾山河越えたのか‥

この架台、赤経クランプの効きが甘いので、1月の観望を終えたら福岡の冨田さんのところへオーバーホールに出そうと思う。

鏡筒バンドを中心にあちこち傷だらけだが、まだまだ現役で頑張ってくるだろう‥

今宵は休息前の最後の仕事をしてもらった‥

実はこの相棒、頑固な一面があって赤経目盛環が固定式なので、絶対座標導入は無理‥。
でもこっちは、暗闇の中、時分秒差を算出しての相対座標導入は御免こうむりたい。
僕は数字は弱くはないが、それだけは勘弁してくれ、相棒。

そこで、赤経環の固定イモネジを外して遊動状態とし、時間目盛を逆進させる番号を貼り付けて通常の目盛環同様の可動式に変えた事で、俄然現場力をアップさせたのだ。

粗末ななりだが、仕事っぷりは堅実そのもの、いわば無口な職人風情といった趣。

画像の説明

赤経が15分刻み、赤緯は2.5度刻みとノスタルディックなステップを踏むが、後々、手書きのバーニャでも追加しようと思う。

極軸望遠鏡なんて気の効いたものは持ちあわせていない‥、
そんな訳で写真用にはちょっと荷が重いので観望用に特命したが中々頼もしい奴だ。
ファインダーを使った古式ゆかしい極軸合せの後の大らかな絶対座標導入も決して悪くない。

写真撮影中、こいつに頑張ってもらって南、天頂、北‥心地よい散歩をさせてもらった次第だ。

今日は寒い中本当にお疲れ様でした、次は霞のない春の宵か‥、
M104ソンブレロ星雲が昇るその日までしっかり休んでおくれ。

コメント


認証コード3568

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional